タオルドライとドライヤー

タオルドライとドライヤー

スカルプシャンプーが終わったら、お次はタオルドライとドライヤーです。

 

髪はぬれたままにしておくと、外部からの刺激に弱く切れ毛などを起こすことがありますし、何より風邪を引いてしまいます。

 

そこで、シャンプーが終わったらまずタオルでしっかりと水気をふき取り、その後ドライヤーを使うようにしましょう。

 

タオルドライをする時の注意点

タオルドライをする時の注意点は、タオルは髪の毛をふくのではなく、頭皮や髪の根元の水分をふく、という事です。

 

髪は濡れた状態だと、とても外部からの刺激に弱いので、髪の毛をタオルでごしごしと拭いてしまうと、髪の毛に不要なダメージを与えてしまいます。

 

タオルを使う時は、まず頭頂部にタオルをかぶせて指で押さえて、頭皮や根元に残っている水分をふき取るようにしましょう。拭く場所をかえるときも髪の毛に摩擦を与えないように、そっと動かして万遍なく水分を吸収して下さい。

 

ドライヤーをする時の注意点

それが終わったらドライヤーです。

 

ドライヤーの熱は髪の毛に悪いから使わない、という方もいるようですが、濡れた髪が枕と触れ合うこと、そして髪同士の摩擦も髪にはよくありません。

 

そのため、ドライヤーを全く使わない、というのは止めにして、髪に優しい方法でドライヤーを使いましょう。

 

使い方は、まず熱風を当てるのは髪の根元です。

 

根元がしっかり乾けば毛先も自然と乾きますので、風を当てるのは根元、そして至近距離で当てず距離を置いて当てましょう。

 

また髪は水分を完全に乾燥させるのではなく、ある程度乾いたら後はそのまま放置して、自然の風で乾くのを待つといいですね。

 

ただその間は横になったりはしないほうが良いですよ。